長崎の総合建設コンサルタント。開発許可申請から幅広くご相談に応じています。
ホーム>建築コンサルタント>建築設計監理


設計と建物ができるまでの流れ

おおまかな設計と建物ができるまでの流れをご紹介いたします。
設計・監理業務の流れも含め詳しく説明いたします。

ステップ1
お問い合わせ
家作りのご相談、資金計画や土地のご相談など、
どんなことでも構いません。まずはお気軽にお問い合わせください。
電話番号:0957-24-0416 フォームよりご連絡
ステップ2
ご相談
直接お会いして、お客様の気になること等をヒアリングさせて頂きます。 家族構成やライフスタイル、ご趣味などご要望などをお伺いしています。
ここで簡単にプランニングいたします。その後、ご契約いただきます。
ステップ3
敷地調査・プラン作成
建設予定地の状態、ならびに近隣の状況確認をいたします。環境・要望を考慮して2回目のプランニングをいたします。この時点で、計画をスタートさせるか判断して頂きます。
※計画中止された場合は、計画案内を返却させていただきます。
ステップ4
設計業務へ


プラン・資金計画等にご納得いただけましたら、ご契約となります。

基本設計完了
配置図や平面図、立体図などを作成し、基本設計をおこないます。どんどん具現化され、少しずつ形が見えてきますよ。

実施図面完了
つぎに、基本計画をもとに実施図面の作成へと移ります。工事概算を算出する、大切な図面ですので、クライアントの方にも随時ご確認いただけます。

この図面より施工者へ工事見積の依頼をいたします。
ステップ5
工事について
設計図の確認、ならびに管理方針の説明を行います。地鎮祭を始め、全体の工事スケジュールの打ち合わせ・確認をおこない、事前工事(擁壁・杭などの工事)に入ります。

工事監理
現場では工事の内容に間違いがないか、工程に問題はないかの確認を行いながら、密に施工者と打ち合わせをいたします。
ステップ6
工事着工
設計図面に基づき、建物の配置や施工方法、
基礎配筋等の確認をしっかり工程ごとに行います。
ステップ7
竣工・最終検査

行政・検査機関に完了検査の申請を行い、検査に立ち会います。 合格いたしましたら、建築主立ち会いのもと検査を行い、指摘部分の手直し指示を行います。
お引き渡し
すべてが完了しましたら、いよいよお引き渡しです。各設備のご説明とともに 書類のご確認もおねがいいたします。